フリーターの将来 - 20代職歴なしフリーターから正社員を目指す就活講座

フリーターの将来

20代の若い間はずっとフリーターで良いと思っている人は多いと思います。


しかし、年齢を重ねて行く内に不安に感じる人が急激に多くなって来ます。


20代ではずっとフリーターで良いと思っていても、30代になると急速に
将来に不安を感じるようになってきます、そして40代になると体の衰えを
感じるようになり凄く不安になるのですが、、、現実的には手遅れなのです。


正直言ってフリ―タの将来は厳しいと言わざるを得ません、


「それはなぜか?」


今後日本は少子化の影響をもろに受け内需が急速に縮小を始めます。
オリンピックまでは何とかなるが、そこを過ぎると加速度的に縮小して
行く可能性が極めて高い、既に縮小は始まっていますが、、、、、、


具体的にはヤマダ電機の店舗閉鎖、代々木ゼミナールの予備校閉鎖など
まだ記憶に新しいところではというのがありました。


このような状況が加速度的にあらゆる業界で出てくる事になります。


内需が縮小すると言うことはどういう事が起こるのかというと、、、、


次第に物が売れなくなり、多くのお店や会社や学校までがつぶれる事になる。


そうなれば当然雇用は不安定になり仕事が無くなる可能性が高い。


そんなの社員も一緒じゃんという人もいるだろう、しかし、このあおりを
一番最初に食らうのは中高年のフリーターの可能性が最も高いと考えられる。


今20代だったとしても年を取らない人は居ないわけで、今は若いフリ―ター
だったとしても必ずいずれ中高年フリーターになるのは避けられない、、、、


仕事が無くなってもまたアルバイトを探せば良いやなんて考えても
内需の縮小化が進んでいる中で中高年をアルバイトでも雇ってくれる
所は、将来的にはほとんどなくなっているのが現実です。


警備員ぐらいならいつでもなれると考えている人がいたら現実は違う。
警備員でも施設警備の方はいずれ資格が無ければ直ぐには雇って貰えなく
なる時代が近づきつつあるのも現実なのです。


何故なら資格のない者が従事出来ないような仕組みになりつつあるからです。
現在は東京都だけがこれを推進していますが、いずれ地方にも広がって行く事
になるのは決まっているのです。


年齢を重ねるごとにフリ―ターの仕事はどんどん無くなって行くのです。
現実的には35歳を過ぎるとアルバイトでもなかなか雇ってくれません。


選ばなければ仕事はあると思ったら大間違いなのです。


アルバイトは雇用を保証されていないだけでなく、失業保険もない、
年金もない、クレジットカードは作れない、ローンは組めないなど、
ないないずくしの生活になるのです。



今後の日本を考えた時に、私の考え方はこうです。


まずは就職をして生活の基盤を安定させる事が重要であること。


生活の基盤を安定させた上でもう1つ別の収入源を作るべきなのです。


正社員の仕事以外に収入源が持てると仕事でいやな事があっても
なんとも思わなくなります、心に余裕が出来るわけです。


そうなれば正直言いますが収入も大幅に増えて来ると、好きな事が出来ます、
欲しいものがいつでも買えて、食べたいものが食べられる、行きたいとこに
いけるようになります、世界が変わります。


多くの人は発想が逆です、自由に生きたいからフリーターになるのではなく
自由に生きるためにまずは正社員になるこれが私の考えです。


■ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください!

メールアイコン.pngお問い合わせはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 20代職歴なしフリーターから正社員を目指す就活講座 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます