就職活動のコツとは何か? - 20代職歴なしフリーターから正社員を目指す就活講座

就職活動のコツとは何か?

フリーターからの正社員を目指すという就職活動に関わらず就活の
ポイントとはいったいどこにあるのでしょうか?


ほとんどの人は就職活動というと、

求人を探す

応募

面接

ということを繰り返すだけだと考えているはずです。


しかし、ただ求人を探して、面接を受けているだけでは採用はされません。


就職活動をしている人達を見ていて最も欠けていると感じるのは、
「なぜこの会社じゃなければいけないのか?」という部分です。


企業の面接官としては、この人を採用したい、一緒に仕事をしたい、
また、会社に新しい風を入れ込んでくれそうかどうかです!!


そう面接官に思わせるようなものを提供出来るかどうかが重要なのです。


単純に、「求人探し⇒応募⇒面接」を繰り返すだけの発想では、
どこの会社の面接に行っても通用するような、


・無難な志望動機

・無難な自己PR


になっていて、「何故この会社じゃなければいけないのか?」
という意欲ややる気が伝わって来ないのです。


面接官にはどこにでも通用するような志望動機や自己PRというのは
直ぐに見抜かれてしまうのです。


そこで何が1番重要なのか?ということなのですが、


就職活動で最も重要な事は、


「業界と企業の分析と自己分析が必須」になるのです。


これをやる事によって「何故この会社じゃなければいけないのか?」
ということを導き出せる材料が得られるわけです。


自己分析をやる事によって、

自分はこのような価値観や考え方を持った人間だと分かるのです、


そうすると、


「なぜこの仕事や企業でなければならないのか」


「なぜこの仕事に生かせるのか」



など、この会社でなければいけないと言う理由や裏付けを上手く
説明できるようになるからです。


自己分析をしていない人が作る志望動機というのは、はっきり言って
「誰でもいえるような中身の薄っぺらいもの」になってしまうのです。


それが面接官に伝わってしまうと全く印象に残らない人になるのです。


志望動機や自己PRというのは人それぞれであって当然なのです。


「なぜこの仕事や企業でなければならないのか」というのが強く
出ていれば、面接官は、その人には意欲ややる気を強く感じるのです。


そうなると、


この人を採用したい、一緒に仕事をしたい、新しい風を入れてくれる
かもしれないと強く感じるわけです、それが採用へとつながるんです。


通常、就職活動では必ず何社かの会社に応募する事になります、
その際には必ずその「会社の業界と企業分析」を行って自己分析と
関連付けた志望動機や自己PRを作ってから面接に臨んで下さい。


この「業界と企業の分析と自己分析」をしっかりやるだけで
内定率はかなり変わってくるはずです。



■何か質問や相談したいことがありましたらお気軽にご連絡ください!

メールアイコン.pngお問い合わせはこちら


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 20代職歴なしフリーターから正社員を目指す就活講座 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます