面接官の心に全く響かない志望動機では受からない。 - 20代職歴なしフリーターから正社員を目指す就活講座

面接官の心に全く響かない志望動機では受からない。

テンプレ志望動機をいくら書いたり説明した所で面接官には何も
響く事はありません、またか・・・・と思っているだけです。


どこの会社にでも通用するような志望動機は意味が無いのです。


面接官は「志望動機」から何をしりたいのでしょうか?


面接官が知りたいのは、


・あなたの働きたいという意欲とその強さを知りたい


・なぜ多くの企業の中からこの会社に応募したのかを知りたい


・志望動機に書かれた内容は自社で実現できるものなのかを知りたい



これら3つのことを知りたいのです。


例えば、良く有るのが、


「御社の事業に将来性を感じた」


「社会貢献出来る仕事がしたい」


などが挙げられますが、これでは上記の3つの事は何も入っていません。


「なぜ将来性を感じたのか?」

「どこに将来性を感じたのか?」



を掘り下げないと全く心に響かないただのテンプレ志望動機なのです。


「どうやって社会貢献するのか?」

「なぜこの会社で社会貢献したいのか?」


を掘り下げないと全く心に響かないただのテンプレ志望動機なのです。


上記の3つを満たす志望動機を作るにはどうすれば良いのか?、、、、、


徹底的にその企業を調べれば良いんです、今の時代は昔よりはるかに
情報量も多く、ネットもあるので簡単に調べる事が出来ます。


チェック.png
会社の理念、社風、業務内容、コンセプト、業界で位置、強み、弱み
競合他社との違い、新規事業、店舗、ショールーム、商品、求める人材
などなど調べ倒すわけです。



そして、その調べつくした内容とあなたの持つ価値観や考え方思いなど
と結び付けていけばいいのです。


そうすることでやっとこの会社でなければならない理由や自分がこの会社
でやりたいことが具体的に出てくるわけです。


それが具体的に説明できると、それは面接官にとっては意欲ややる気と
して自然に伝わるのです。


志望動機はこれらのポイントを押さえて作れば良いのです、本音の部分は
多少違っても良いのです、採用したくなるような志望動機を作るのです。


そして、そこにさらにフリーターから正社員になろうとした理由を
しっかり伝えることです。


「なぜ就職をしないでフリーターをしていたのか?」

「なぜ今のタイミングで正社員を目指そうと考えたのか」


何かの目的や目標があってフリーターをしていた事、そして、
正社員を目指す理由を明確に説明できるようにしておくのです。


とことん掘り下げることです、掘り下げて行けばそれはやる気や意欲
という形で必ず面接官は捉えてくれます。


そうすることであなたにしか作れない志望動機が出来上がるのです。


フリ―ターであることをマイナスに考える必要は全くありません。


これからのあなたが一番重要なのです、企業はこれあからのあなたに期待
しているのです、あなたが正社員になって会社を変えれば良いんです。


若いあなたにはその力もセンスも発想もアイデアも必ずあるのです。



■ご質問、ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください!

メールアイコン.pngご質問やご相談はこちらから

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 20代職歴なしフリーターから正社員を目指す就活講座 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます