面接で落ちる人の本当の理由は準備不足 - 20代職歴なしフリーターから正社員を目指す就活講座

面接で落ちる人の本当の理由は準備不足

「面接に落ちてしまう人に共通して言えることは何か?」


実は最大の理由は「面接を受ける準備不足である」ということです。


面接への対策を正しくしていなかったために、面接官の質問に対して回答を
詰まってしまったり、見た目の部分でもマイナス評価の原因を気が付かない
内に作ってしまっているのです。


正しい対策をしていないため、わざわざ落ちるようなことをしていしまって
いるということなのです。


スキルや経験や資格が必要な転職での就職活動であれば準備など出来ない
どうにもならない部分があります。


しかし、フリーターから正社員を目指す就活での面接ではあくまでも採用
基準は人物本位でしかありません。


正しく面接対策をしてから面接に臨めばかなりの高確率で採用される可能性
を高く出来るわけです。


資格やスキル、経験などはっきりと表すことが出来るものの場合は準備する
ことは不可能なのでどうにもなりません。


しかし、人物本位の採用基準なのであれば、その基準に達するように準備を
しておけば面接官に採用したいと思わせることが十分に出来るのです。


面接に臨む前の対策として絶対にやらなければいけないのがその企業のこと
を徹底的に調べることです。


企業を調べるないようは主に下記のような内容です。


チェック.png
企業概要、企業理念、社風、事業内容、業界のシェア、競合企業、店舗や
ショールーム、製品やサービス、強みと弱み、求めている人物像、取引先、
代表者のメッセージ
などたくさん調べることがあるのです。


この企業分析を実際に行っている人は実際ほとんどいません。


最も重要な事であるにも関わらず少ないのが現実なのです。


企業には必ずどこでも「ここに力を入れて他社と差別化する」というポイント
を持っています。


それが分からないと「なぜこの会社でなければいけないのか?」ということ
に対して答えられないわけです。


「なぜこの会社でなければいけないのか?」ということを明確に答えられれば
面接官にこの人を採用したいと思わせることが出来るのです。


人物本位の採用基準の場合には、この「この人を採用したいと」と思わせる
ことが重要になるのです。


そう思わせるために何をすれば良いのか?というとそれが企業研究なのです。
その企業を徹底的に調べる事によって始めて、


「なぜこの会社でなければいけないのか」という事が言えるようになります。


チェック.png
言い方を変えれば、「なぜこの会社でなければいけないのか」という理由を
面接官が納得できるような説明を作ることが出来るわけです。



このような準備のためのやり方等を無料で教えてくれるのが下記の
既卒・フリーター・既卒者専門の就職エージェントです。


このフリーター専門の就職エージェントを利用することで準備に掛る時間
を短縮したり、どのようにして具体的にやれば良いのかが分かります。



【既卒・フリーター・既卒者専門の就職エージェント】
↓  ↓  ↓
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を10年前からスタート!
ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座を開催しています。
↓  ↓  ↓

【JAIC(ジェイック)】
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
フリーター、既卒、第二新卒の求人専門。
若年層に特化した、人材紹介サービスです。
専任コンサルタントが、徹底的に就職をサポートしてくれます。
↓  ↓  ↓

【ハタラクティブ】
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



■何か質問や相談したいことがあったらお気軽にご連絡ください!

メールアイコン.pngお問い合わせはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 20代職歴なしフリーターから正社員を目指す就活講座 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます